保証会社を利用しよう|投資マンションで薔薇色の人生が送れる|必勝法を伝授

投資マンションで薔薇色の人生が送れる|必勝法を伝授

保証会社を利用しよう

夫妻

連帯保証人は不要

賃貸物件を借りるときに連帯保証人を用意することができない場合は、家賃保証会社を利用することができます。家賃保証会社は家賃を滞納してしまった場合に代わりに家賃を大家に支払ってくれる保証会社です。ただし、家賃保証会社を利用するには事前に審査を受ける必要があります。保証会社によって審査の方法や期間、必要書類などが異なるので利用する際は注意しましょう。個人の場合は運転免許証や健康保険証などの本人確認書類が必要となります。審査時間は一般的に1週間ほどかかるので、急いでいる方は注意が必要です。賃貸物件によって連帯保証人か保証会社のどちらかを選べる場合もあるので、その場合は自分にとって最適な方を選ぶようにしましょう。

保証会社利用のメリット

連帯保証人となる親が高齢である場合や、滞納したときに家賃が払えない状況が増加したこともあり、最近は家賃保証会社を利用するオーナーが増えています。家賃保証会社を利用すれば連帯保証人を用意する必要がないので、利用者にとってもメリットが大きいといえます。保証会社が毎月の家賃を保証してくれるので、万一家賃の振込みをし忘れた場合や支払いに困った時でも、オーナーにきちんと家賃を支払ってもらうことができます。保証会社を利用することによって入居が可能になる物件も多いので、連帯保証人を用意することができない方にとってメリットは大きいといえます。家賃保証会社を利用する際は、初回保証料や更新保証料を支払う必要があるので事前に金額を確かめておきましょう。